• Duplexキャンペーン
  • Primacy
  • Zenius
  • QUANTUM
  • Primacy_Lamination
  • Tattoo RW

このサイトは、SSLによる
暗号化措置を講じています。

IDカードの発行や印刷についての基礎知識

医療機関のスタッフIDカード

医療機関の安全管理

医療機関において、医療事故防止はじめ、安全な医療を確保するために、
平成15年12月24日、厚生労働省から「厚生労働大臣医療事故対策緊急アピール」
が発出されました。
これを受けて、全国の医療機関で改めて安全管理の強化が進められています。

医療機関のスタッフIDカード

医療機関では、安全管理の強化のために、病院施設内への出入りを管理することは、
人命に関わる重要事項です。
医療機関IDカードは、セキュリティには最適です。
受付まわり、病室はもちろん、処置室、手術室、薬品室など、施設内の様々な
エリアへのアクセスを安全に保つことが可能で、医療機関のスタッフだけでなく、
入院患者の安全性を高められます。

職員証の機能も兼ねるIDカード

医療機関のスタッフは24時間体制で、日勤・夜勤、緊急オペなど複雑なシフト体系で
勤務しています。
そんな変則的な勤怠も出勤・退勤時間を記録し、管理できます。
そして、病室、手術室、更衣室、スタッフルームなど部屋ごとの入退室を管理します。
また、パソコン、複合プリンタなどの利用も管理可能で、パソコンのログインを
制限したり、ユーザー認証により、利用時間なども記録するので、
様々な情報の流失防止や保護に役立ちます。
さらに、売店や社員食堂、自動販売機などで財布を持ち歩かなくても、
IDカードでスピーディな支払いができます。

医療機関のスタッフIDカードは内製化で

IDカードは新たに導入する場合、発注枚数が少ないと外注ではコストが割高になります。
コスト面からもカードは内製化するのがお勧めです。
1枚からでも簡単にカードの発行ができ、新たなシステムを追加することも可能です。
また、IDカードの内製化は信頼性もアップします。

  • 資料請求
  • 購入のご相談
  • お問い合わせ