• Duplexキャンペーン
  • Primacy
  • Zenius
  • QUANTUM
  • Primacy_Lamination
  • Tattoo RW

このサイトは、SSLによる
暗号化措置を講じています。

IDカードの発行や印刷についての基礎知識

タイムカードにおけるトラブル

タイムカードは、出勤時と退勤時に時刻を刻印する機械で、雇用者の勤怠管理に用いられています。 しかし、このタイムカードをめぐってトラブルが多いのも事実です。
「押すのを忘れた」「二度押しした」
「間違えて他の人のタイムカードを押してしまった」
「押すのに時間がかかって、並んでいるうちに遅刻になった」
「タイムカードを押した後に残業になり、手書きで書きなおしたが給料に反映されてなかった。」
という社員の意見や、
「だらだら残っていたり、着替えが終わってから帰る直前に押した。」、
「他の人の分まで押していた」というような会社側の意見もありました。
デジタルな世の中、トラブル回避のためにもタイムカードと社員証を統合するといいでしょう。

タイムカードと社員証統合によるメリット

タイムカードと社員証を統合することで、様々なメリットがあります。 出退勤時に1秒カードをタッチするだけで出退勤管理ができ、押す時間や並んだりすることもなく スムーズです。 社員証をチェックするだけで、現在社内にいるのかどうかも把握でき、取引先からの電話の返答にも、 適切な対応が出来ます。 社員食堂がある企業では、カード精算が出来、財布を持ち歩かなくて済むので便利です。 企業側も給与計算の合理化が可能になる他、様々なものにかかっていたコストを 一つにまとめることによって、社員の負担も減り、タイムカードによるトラブルも解決できます。

タイムカードと統合した社員証ICカードは、ローコストでスピーディーに作成可能な内製化をお勧めします。

  • 資料請求
  • 購入のご相談
  • お問い合わせ